TOP > 注文住宅を依頼する際のポイント

注文住宅を依頼する際のポイント

一生に一度の大きな買い物、一戸建て。新築の建て売りや中古物件も良いですが、夫婦の希望や家族の要望に応えられる注文住宅は、現在人気です。
入居してからの生活を思い浮かべながら、夢の間取りや外観を考えるのはとても楽しいですよね。
しかし建て売りや中古物件よりも高額であるため、注文住宅の設計事務所や会社選びにもこだわりたいところです。

注文住宅を依頼する際のポイントとして、どういったものが挙げられるでしょうか。


まずは、初回の打ち合わせで相手の得意分野を探ることです。
設計士や住宅会社が得意とする構造や工法、過去に建築や設計してきた住まいは、一体どういうものなのか、そして自分たちの希望に添うものであるのか、といった点を見極めなければなりません。

コツとしては、最初の顔合わせの段階で、自分の希望をいきなり伝えるのではなく、相手の会社の得意分野を聞きだしたり、事例の資料を見せてもらうことから始めることです。

群馬の工務店の情報はここで調べよう。

言葉では何とでもこちらの希望に合わせてくるため、まずは得意、不得意を探りましょう。



次のポイントとしては、設計図やデザインの共有です。

依頼する会社を決め、打ち合わせでこちらの希望を根気よく伝えるのはもちろん、それらをきちんと理解し、間取りやデザインに組み込んでくれているかチェックしましょう。


また、設計図や資料でわかない点があれば、ひとつ残らず聞きましょう。

施工が始まってからでは修正が不可能だったり、できても期間も費用も余分にかかったりとトラブルのもとになるだけです。



そして、反対意見も大事にしましょう。

いくら自由に注文できるとはいえ、採光や風通しのことを考えていなかったり、採用したい構造と内装の材質の相性が良くなかったり、など経験豊富な専門家でしかわからないことも多いです。

反対理由とこちらの希望の折り合いをつけつつ、二人三脚で進めましょう。



Copyright (C) 2016 注文住宅のメリットと特徴 All Rights Reserved.